キリキリ、シクシク・・・ 胃痛を緩和する食材

胃痛を緩和する食材

  • トマト
  • ダイコン
  • パセリ
  • キャベツ
  • 海藻類

暴飲暴食やコーヒー、喫煙などにより胃酸の分泌が増え、胃の粘膜がただれたり胃壁の末梢神経が される際の痛みが胃痛の原因。
ストレス性の胃痛も、粘液の分泌が低下し粘膜が で刺激されるために起こります。
よって胃 粘膜を強くすることが最善です。
胃痛を感 じたら、まずはキャベツ、アオノリ、セロ リ、レタスなどを食べて、胃腸の粘膜の代 謝を活性化し粘膜の修復を促すビタミンU の摂取を
消化酵素ジアスターゼを含むダ イコン、山芋なども胃痛を改善します。
山 芋に含まれるムチンは、胃壁を保護する粘 膜の成分でもあります。
ムチンは納豆、オ クラ、里芋、レンコンなどにも含まれます。

納豆

リバーゼ、カタラーゼなどさ まざまな消化酵素を含み、ム チンが胃壁を保護します。

ジャガイモ

ジャガイモの黒焼きは胃潰瘍 に効くくらいなので、胃痛に も効果があります。

山芋

ジアスターゼはデンプンを糖 に分解する酵素です。
膵臓や 唾液腺など体内でも作られて います。

レンコン

胃腸の粘膜を強化するムチ ンを含む。
意外なところで は、ビタミンCの含有量 はレモンに匹敵します。

胃痛を緩和するその他食材

  • レタス
  • 牛乳
  • アスパラガス
  • パセリ
  • オクラ
  • 里芋

食欲さえわかなくなる胃もたれを解消する食材

胃もたれを解消する食材

  • ダイコン
  • ショウガ
  • パセリ
  • キャベツ
  • 海藻類
  • リンゴ

胃もたれはれは機能性胃腸症のひとつ で、ストレスや暴飲暴食、生活リズムの乱れなどに起因する立派な 病気です。
消化機能が低下して食欲が減退したり、消化不良によるゲップや膨満感は 嫌なものです。
そんなときの救世主は、ダ イコン、カブ、山芋
これら食材に含まれ るジアスターゼは、消化酵素として働き消 化不良を改善します。
ただ、熱に弱い成分 なので、加熱する際は短時間で。
リンゴの リンゴ酸も有効です。
胃病にはキャベツ、 アオノリ、セロリ、レタス、卵などに含ま れるビタミンUも効果的。
特にアオノリに は、キャベツの約1000倍ものビタミン Uが含まれるとされています。

カブ

カブやダイコン、山芋に含 まれるジアスターゼ(別名 アミラーゼ)は、市販の胃 腸薬にも用いられる消化酵 素の一種です。

レタス

ビタミンUには、胃酸の 分泌を抑え胃の粘膜の代謝 を上げて、胃壁を正常にす る作用があります。

山椒

うなぎのかば焼きに粉山椒 は欠かせませんが、これは もたれやすいうなぎの消化 を助ける作用を山椒が持つ ているからです。

アオノリ

胃腸障害に有効なビタミンU を豊富に内包しているといわ れています。
胃潰瘍や十二指 腸潰瘍にも効果があるといわ れています。

胃もたれを解消するその他食材

  • 牛乳
  • アスパラガス
  • パセリ
  • 山芋

日常的に悩まされる貧血を改善する食材

貧血を改善する食材

  • ダイコン(葉)
  • 海藻類
  • ゴマ

貧血には鉄分補給が欠かせないことは、すでに周知の事実です。
チョコレート、ひじき、ゴマ、プルーン、黒糖、レバー、小豆、黒豆、ほうれんそうなど、色の濃い食材は鉄分が豊富です。

ただ、鉄分だけでは造血できないので、鉄分からヘモグロビンを作る時に必要な銅(レバー、エビ、カニ、ココア、イクラ)や、赤血球中の核酸の合成に必要な葉酸(イクラ、ニラ、ダイコン葉、ほうれんそう)と、葉酸の働きを助けるビタミンB6、B12(魚介類、レバー)も同時に摂取するように。
なお、ビタミン不足に起因する貧血を解消するには、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が不可欠です。

チョコレート

鉄、銅、ビタミンB12などの血液を作るために不可欠な成分が含まれています。

牡蠣

魚介類の中でもビタミンB12が豊富な食材で、造血に必要な銅や血液をきれいにするタウリンも含まれています。

ヨーグルト

ビフィズス菌は腸内の善玉菌の一種。
ビタミンB群、Kを合成し貧血を改善します。

ニラ

赤血球のヘモグロビンを作るために必要な葉酸を含む食材。
葉酸は喫煙などにより働きが低下するので、特に女性の喫煙者はご注意を。

貧血を改善するその他の食材

  • 小松菜
  • ほうれんそう
  • プルーン
  • 黒糖
  • レバー
  • 小豆
  • 黒豆
  • 牛肉
  • 魚介類
  • イクラ
  • ココア

不意に襲ってくるめまいを改善する食材

めまいを改善する食材

  • ショウガ
  • 海藻類

めまいは漢方でいうところの水毒症状。
水毒とは体内に余分な水分がたまっている状態です。
水毒を解消するには、利尿作用を促すことが肝要です。
利尿作用を促進する成分には、小豆に含まれるサポニン、酢や梅干しに含まれるクエン酸があります。
また、肝機能を上げて排泄作用を高めるカリウムも効果的。
昆布やわかめ、大豆、インゲン豆はカリウムが豊富に含まれています。

ショウガの利尿作用をさらに高めたショウガ紅茶に、脳の血行をよくするシナモンを加えたシナモンショウガ紅茶は、めまいや耳鳴りの効果てきめんのメニューです。

シナモン

脳や内耳の血行を佳くして、平衡感覚をととのえ、めまいやふらつきを治す作用があります。

小豆

豆類に含まれるサポニンは種類によって効能が異なるものの、生理作用を高める点は共通です。
小豆サポニンの特徴は利尿を促す点にあります。

キュウリ

昔から利尿作用のある食材とされてきたキュウリ。
陰性食材なので加熱するか漬物にすることで陽性食材になり、体を温め利尿作用が増します。

黒酢

体内にクエン酸が増えると利尿作用がアップします。
クエン酸はかんきつ類やイチゴ、桃、スイカなどにも含まれます。

めまいを改善するその他の食材

  • 梅干し
  • キウイ
  • カボチャ
  • 大豆
  • ぶどう
  • インゲン
  • すもも
  • 紅茶

 

 

 

朝の貴重な時間を有効活用寝起きの悪さを改善する食材

寝起きの悪さを改善する食材

  • ニンジン
  • ショウガ
  • タマネギ
  • ゴマ
  • ニンニク

寝起きの善し悪しで1日のやる気が変わってくるもの。
できることならスパッと目覚めたい、と思っている人は、概して体温と血圧が低い人です。
つまり、体を温めて血流をよくしてあげれば、寝起きはグンと改善されます

体を温めるには適量の肉、魚などの動物性タンパク、色の濃い野菜、根菜、冬野菜、あるいは保温、代謝アップのショウガなど、陽性食材の摂取を基本に。
それに加えてとうがらしの辛み成分カプサイシンや、タマネギ、ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウなどのアリウム属野菜の硫黄臭さの素・アリシンは、血行を促進するので食べ合わせたい食材です。

黒糖

黒糖やハチミツは、エネルギー源となる糖質、その糖質を燃焼して体を活性化させるビタミンB1、B2の両方を含み、目覚めにぴったりです。

肉類

体を温める陽性食材。
牛豚鶏でも羊でも、肉はすべて陽性食材です。
しかし食べ過ぎは脂肪過多で血流を妨げるので、逆効果です。

魚介類

陽性食材なので刺身で食べてもいいのですが、特に体の冷えが深刻な人は焼き魚にすることをすすめます。

とうがらし

ダイエットにも使われるほどすぐれた代謝アップ効果は、辛み成分のカプサイシンによるもの。
血行促進効果でスッキリ目覚められるでしょう。

寝起きの悪さを改善するその他の食材

  • ハチミツ
  • ニラ
  • ネギ
  • ラッキョウ
  • 小松菜
  • ほうれんそう

寝ても疲れが抜けない不眠を改善する食材

不眠を改善する食材

  • ショウガ
  • タマネギ
  • きのこ類
  • セロリ
  • ゴマ
  • ニンニク

不眠の原因は多岐にわたりますが、心地よく眠りにつくことさえできれば解消されるものです。
心地よい眠りを得るには、鎮静物質ラクツコピクリンを含むレタスや、芳香成分が脳に作用するショウガ、タマネギ、神経の高ぶりを鎮めるGABAを含むウイスキーや米などを。
豆類やしらす干し、ゴマ、チーズなどに含まれるトリプトファンは催眠作用のあるメラトニンの原料となり、ゴマやきのこ類、魚介類に含まれるナイアシンは神経の正常化に働きかけます。
心地よい眠りは、日中上がった体温が少しずつ下がっていくことで得られます。
冷えを解消し、日中に体を温めておくことが不眠治療にもあります

レタス

ラクツコピクリンという鎮静物質が含まれるほか、脳や神経組織の新陳代謝を活性化するマグネシウムも豊富です。

豆乳

トリプトファンから作られるメラトニンは、暗くなると脳から分泌され眠気を催すホルモンです。
ホット豆乳は心地よい眠りを約束してくれます。

魚介類

魚介類に含まれるナイアシンは、脳や神経を正常にととのえる働きをもっています。

ウイスキー

GABAという成分は、脳内で神経細胞の活動を抑え、興奮を抑える作用を持つ物質です。
また少量のアルコールは良質な睡眠薬にもなります。

不眠を改善するその他の食材

  • 黒糖
  • チーズ
  • 牛乳
  • レバー
  • タラコ
  • 小豆
  • 味噌
  • しょうゆ
  • 豆類
  • ニラ
  • ネギ
  • 青魚
  • 豚肉
  • ウニ
  • ナッツ類
  • しらす干し

だるい・重い・つらい倦怠感・慢性疲労を緩和する食材

倦怠感・慢性疲労を緩和する食材

  • トマト
  • ショウガ
  • タマネギ
  • ゴマ
  • ニンニク
  • リンゴ

薬局の店頭で栄養ドリンクをあおっているサラリーマンをよく見かけますが、慢性的な疲れやだるさは、乳酸やピルビン酸など疲労物質が原因。
それらを体外に排出し、人体を構成するすべての細胞にまんべんなく酸素と栄養を送ってあげれば、疲労は回復します。

そのためには、体を温め活力をもたらすショウガ、そして血管を拡張して血流を増すニンニク、タマネギ、ニラ、ネギなどのアリウム属野菜を。
イチゴのハチミツがけは、疲労回復効果の高いビタミンCのほか、ビタミン・ミネラルを多量に含む糖分を摂取でき、おいしく疲労回復できる意外なメニューです。

イチゴ

果物の中ではもっともビタミンCが含まれています。
ビタミンCは免疫力を高め種々の病気を防いでくれます。

卵は良質なタンパク源で、古くから滋養強壮食品として珍重されてきました。

納豆

強壮作用のあるアルギニンを含む食材です。
また肝機能のアップや整腸作用など、さまざまに疲労回復を助ける食材でもあります。

ハチミツ

糖分はエネルギー源。
しかもハチミツや黒糖には、疲労回復に必要なビタミンやミネラルが豊富です。

倦怠感・慢性疲労を改善するその他の食材

  • ニラ
  • ネギ
  • 黒糖

 

 

夏でも重ね着が必要・・・冷え性を解消する食材

冷え性を改善する食材

  • トマト
  • ニンジン
  • ダイコン
  • ショウガ
  • タマネギ
  • キャンベツ
  • 海藻類
  • ゴマ
  • ニンニク

冷え性の改善はすなわち免疫力の向上に直結します。
食事の西洋化や運動不足、日常的な空調やシャワー浴など、冷え性の原因はいろいろりますが、西洋医学には冷え性という概念すらなく、漢方医学独特の考え方なのです。

冷えを改善するには、色の濃い陽性食品を第一に、温め効果のあるショウガ血管拡張および強心作用のあるニラ、ニンニク、タマネギなどのアリウム属野菜造血作用のある鉄分、銅、ビタミンB12を含む食材を積極的に食べましょう。
また、副腎機能をアップする根菜類、アルギニンを含むゴボウ、キュウリなども一緒に食べておきたい食材です。

塩ならなんでもいいわけではなく、自然塩や天然塩でなければ体を冷やしてしまいます。
自然の塩はミネラルも豊富で体にいいのです。

ゴボウ

ゴボウに含まれるアルギニンは体内を活性化する作用を持つ成分です。

レンコン

ホルモンを分泌する副腎に働きかけ、冷えで乱れたホルモンバランスをただします。

レバー

牛豚鶏のレバーは赤血球の素になる鉄分や鉄分の働きを助ける銅、赤血球を作り出すビタミンB12が豊富で、造血作用にすぐれた食材です。

冷え性を改善するその他の食材

  • 味噌
  • しょうゆ
  • カボチャ
  • ほうれんそう
  • じねんじょ
  • そば
  • 里芋
  • 山芋
  • ウニ
  • 梅干し
  • ニラ
  • わけぎ
  • ラッキョウ
  • ネギ
  • イカ
  • エビ
  • タコ
  • 牡蠣
  • 紅茶
  • 小豆
  • キュウリ

 

厄介で気になる頭痛・偏頭痛を緩和する食材

頭痛・偏頭痛を改善する食材

  • ニンジン
  • ショウガ
  • タマネギ
  • きのこ類
  • セロリ
  • 海藻類
  • ニンニク

頭痛の裏には、重大な病気が隠れている場合があるので素人判断は危険ですが、明らかな病気がない場合は冷えと水分が原因。
冷えに効く食材は肩こり同じ、温め食材と血管拡張食材ですが、血管拡張作用に鎮痛作用もあるシナモンは、頭痛にうってつけの食材でしょう。
一方、体外に水分を排出するには、小豆やキュウリなど利尿効果の高い食材を。
ただ、キュウリは陰性食材なので、漬物にしたり加熱してから食べましょう。

それらに加え、肝臓をととのえるセロリ、ニンジン、セリ、パセリなどセリ科の野菜、ゴボウ、山芋など腎機能をととのえる根菜類もあわせて摂取しましょう。

パセリ

料理の付け合わせのパセリを。
肝臓をととのえるセリ科の野菜を普段の食事に合わせて摂取するようにしましょう。

ネギ

アリウム属野菜の発汗・利尿作用は、頭痛の改善にも効果的です。
島ラッキョウやのびるもアリウム属(ユリ科ネギ属)野菜です。

シナモン

漢方薬では冷え性の薬として用いられています。
鎮痛・鎮静作用のほか、腎機能も高めるので、体内の余分な水分の排泄にも役立ちます。

ゴボウ

土の中にまっすぐ生えていく根菜は腎虚(腎機能の衰え)を改善し、腎臓の働きをよくします。
ゴボウや山芋などは最たる例です。

頭痛・偏頭痛を改善するその他の食材

  • 七味とうがらし
  • 味噌
  • しょうゆ
  • ニラ
  • ラッキョウ
  • 小豆
  • キュウリ
  • 山芋

 

イスから立つのもつらい腰痛を解消する食材

腰痛を改善する食材

  • ダイコン
  • ショウガ
  • タマネギ
  • ニンニク

腰痛の大半は、足腰の筋肉の衰えからくるものと、下半身の冷えにともなう血行不良が原因です。
日常的に歩いたりスクワットをして下半身の筋肉を鍛えながら、体を温め、血流をよくする食材を摂取しましょう。
肩こりでもおすすめしたショウガやアリウム属野菜のほかに、山芋やゴボウ、レンコン、ダイコン、ジャガイモなどの根菜類は、下半身の温め効果が高い食材です。
ただし、ダイコンを生で食べる場合は、陽性食材と一緒に。

腰痛にはこのほか、貝類やイクラ、鮭、チーズなどに含まれるビタミンB12が有効。
ビタミンB12は末梢神経の傷を修復し、腰椎の痛みをやわらげます。

山芋

漢方には相似の理論という考えがあり、根菜類は下半身を温めるとされます。
タケノコやワサビも根菜類の一種です。

チーズ

末梢神経の傷を修復し、痛みをやわらげるでけでなく、ほんの一切れのチーズ(20g)で、約140ccの牛乳に匹敵するたんぱく質が摂れます。

納豆

大豆サポニンが血中コレステロールを下げ、ナットウキナーゼが血栓を溶かし、血流を改善します。

アサリ

ビタミンB12は末梢神経の補修のほか、赤血球の生成に必要な葉酸の働きを助けるので、貧血を改善する働きもあります。

腰痛を改善するその他の食材

  • ゴボウ
  • レンコン
  • ジャガイモ
  • 牡蠣
  • ホタテ
  • イクラ
  • レバー