大豆:毎日の食事に取り入れたい脱毛(抑毛)効果のある食べ物

ムダ毛の自己処理をしている人は多いと思います。

実は、毎日の食事もムダ毛の発生に影響を及ぼしています。

食品とホルモンの関係

体毛と食品には何の関係もなさそうですが、実はあります。

食品は、体を形作ったり、体調を整える栄養素はもちろんのこと、ホルモン分泌にも影響します。

ホルモンは体の機能に影響を与える物質ですが、体の毛の生え方にも影響しています。

例えば、女性ホルモンが多いと、髪の毛に影響しますし、男性ホルモンが多いと体毛に影響を及ぼします。

逆に言えば、女性ホルモンが少なくなると、髪が薄くなり、男性ホルモンが少なくなると体毛が減ります。

なので、脱毛をより効果的にするには、女性ホルモンを増やすことです。

女性ホルモンの分泌を促す食品

女性ホルモンの観点でいえば、「大豆製品」や「豆乳」は脱毛に適した書品の代表です。

これらの食品に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをします。

また、GI値の低い食品もお勧めできます。

例えば、「玄米」「ひじき」「ほうれん草」などです。

これらはビタミンも豊富に含まれていますので、抑毛効果のほかに美肌効果も期待できます。

GI値の高い食品が脱毛(抑毛)によくないわけ

GI値が高い食品は血糖値を上げます。

血糖値が上がるとインスリンが大量に分泌されます。

インスリンが大量に分泌されると、男性ホルモンが増えてます。

そうすると体毛が増えてしまいます。

GI値が高い食品は「菓子パン」「イモ類」「砂糖」などです。

これらは気軽に食べられる食品ですので、ついつい手を伸ばしてしまいがちですが、もしかしたら、それがムダ毛の原因になっているかもしれませんね。

まとめ

ムダ毛の脱毛(抑毛)対策によい食べ物は、言い換ええると女性の体によい食べ物でもあります。

これらの食品を日頃の食事に取り入れて、上手にすべすべのお肌を手に入れてください。

また、どうしてもムダ毛が気になるなら、脱毛サロンや脱毛クリニックに通うことも検討した方がキレイへの近道です。

とくに医療脱毛は医療行為なので安心です。