寝ても疲れが抜けない不眠を改善する食材

不眠を改善する食材

  • ショウガ
  • タマネギ
  • きのこ類
  • セロリ
  • ゴマ
  • ニンニク

不眠の原因は多岐にわたりますが、心地よく眠りにつくことさえできれば解消されるものです。
心地よい眠りを得るには、鎮静物質ラクツコピクリンを含むレタスや、芳香成分が脳に作用するショウガ、タマネギ、神経の高ぶりを鎮めるGABAを含むウイスキーや米などを。
豆類やしらす干し、ゴマ、チーズなどに含まれるトリプトファンは催眠作用のあるメラトニンの原料となり、ゴマやきのこ類、魚介類に含まれるナイアシンは神経の正常化に働きかけます。
心地よい眠りは、日中上がった体温が少しずつ下がっていくことで得られます。
冷えを解消し、日中に体を温めておくことが不眠治療にもあります

レタス

ラクツコピクリンという鎮静物質が含まれるほか、脳や神経組織の新陳代謝を活性化するマグネシウムも豊富です。

豆乳

トリプトファンから作られるメラトニンは、暗くなると脳から分泌され眠気を催すホルモンです。
ホット豆乳は心地よい眠りを約束してくれます。

魚介類

魚介類に含まれるナイアシンは、脳や神経を正常にととのえる働きをもっています。

ウイスキー

GABAという成分は、脳内で神経細胞の活動を抑え、興奮を抑える作用を持つ物質です。
また少量のアルコールは良質な睡眠薬にもなります。

不眠を改善するその他の食材

  • 黒糖
  • チーズ
  • 牛乳
  • レバー
  • タラコ
  • 小豆
  • 味噌
  • しょうゆ
  • 豆類
  • ニラ
  • ネギ
  • 青魚
  • 豚肉
  • ウニ
  • ナッツ類
  • しらす干し