朝の貴重な時間を有効活用寝起きの悪さを改善する食材

寝起きの悪さを改善する食材

  • ニンジン
  • ショウガ
  • タマネギ
  • ゴマ
  • ニンニク

寝起きの善し悪しで1日のやる気が変わってくるもの。
できることならスパッと目覚めたい、と思っている人は、概して体温と血圧が低い人です。
つまり、体を温めて血流をよくしてあげれば、寝起きはグンと改善されます

体を温めるには適量の肉、魚などの動物性タンパク、色の濃い野菜、根菜、冬野菜、あるいは保温、代謝アップのショウガなど、陽性食材の摂取を基本に。
それに加えてとうがらしの辛み成分カプサイシンや、タマネギ、ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウなどのアリウム属野菜の硫黄臭さの素・アリシンは、血行を促進するので食べ合わせたい食材です。

黒糖

黒糖やハチミツは、エネルギー源となる糖質、その糖質を燃焼して体を活性化させるビタミンB1、B2の両方を含み、目覚めにぴったりです。

肉類

体を温める陽性食材。
牛豚鶏でも羊でも、肉はすべて陽性食材です。
しかし食べ過ぎは脂肪過多で血流を妨げるので、逆効果です。

魚介類

陽性食材なので刺身で食べてもいいのですが、特に体の冷えが深刻な人は焼き魚にすることをすすめます。

とうがらし

ダイエットにも使われるほどすぐれた代謝アップ効果は、辛み成分のカプサイシンによるもの。
血行促進効果でスッキリ目覚められるでしょう。

寝起きの悪さを改善するその他の食材

  • ハチミツ
  • ニラ
  • ネギ
  • ラッキョウ
  • 小松菜
  • ほうれんそう