脱毛(ムダ毛処理)に効く食べ物

毛深い人や「すぐにムダ毛が生えてくる!」という悩みを持つ女性はおおぜいいます。

剃ったり抜いたりして自分でケアしている人も多いかと思います。

しかし、実は毎日の食事もムダ毛に影響するって知っていますか?

もちろん、その食品を食べてすぐにムダ毛が薄くなるとはいきませんよ。

しかし、気長にバランスよく摂ることで、ムダ毛の発生を抑える効果が期待できる食材があるのです。

実は重要な食品とホルモンの関係

体毛と食べ物の関係は、決して浅いものではありません。

食べ物から摂り込まれた栄養素は、血や肉といった身体を作るのはもちろん、体の中の性ホルモン分泌にも作用します。

性ホルモンは女性らしさや男性らしさなど、体のさまざまな機能に影響を与えます。

体毛の生え方も例外ではありません。

人間の場合、男性ホルモンが多くなると体毛が濃くなります。

また、女性ホルモンが増加すれば体毛は薄くなります。

ごく一般的な健康な女性なら体の中で、日々性ホルモンの状況は変化します。

特に生理中の性ホルモンの乱れは顕著です。

ちょっとしたことで性ホルモンバランスの崩れ、男性ホルモンが増加したり、女性ホルモンが減少したりすることがあるのです。

今のような社会では、ダイエットやストレス、食生活の乱れが原因で女性ホルモンが減少する女性は少なくないようです。

ストレスだらけの環境の中で、女性の「オヤジ化」が注目されています。

ストレスを溜め込んでしまった結果、男性ホルモンが増え、体毛が増え、ムダ毛が濃くなるなど「体の男性化」が起こるのです。

では、女性ホルモンが少なくなってしまったら、どうやってケアしたらいいのでしょう?

実は、食べ物で補給することができるのです。

女性ホルモンに似た働きをする栄養素を摂ることで、体のホルモンバランスを整え、男性化した体を元に戻すことができます。

毎日の食事に取り入れやすい抑毛効果のある食品

実際のところ、どんな食べ物に体毛を薄くする効果があるのでしょう?

女性ホルモンに似た働きを期待するなら、大豆製品や豆乳は抑毛効果のある食品の代表格です。

大豆や大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンによく似た働きをします。

このイソフラボンが体の中で少なくなってしまった女性ホルモンの代わりをしてくれます。

豆乳ローションが抑毛に良いとよく言いますが、体の内側からも効果があるということです。

また、他にはGI値の低い食品がおすすめです。

例えば玄米やひじき、ホウレンソウといった食品などです。

これらはビタミンも多く含まれています。

しかも、ホルモンバランスが乱れると起こりやすい肌荒れのケアにも効果的です。

意識して摂りたいオススメ食材です。

GI値の低い食品がいい理由は、GI値が高ければ高いほど、その食品は体内の血糖値を上げるからです。

血糖値が上がるとインシュリンが大量に分泌されます。

これにより男性ホルモンの分泌が促されてしまいます。

その結果、体の中で男性ホルモンが増え、体毛も濃くなってしまうのです。

GI値の高い食品は炭水化物を多く含む物や、糖度の高いものです。

特に手軽に食べられる菓子パンや、イモ類、糖質の多い食品は要注意です。

日頃忙しいからとつい手をのばしてしまいがちな食品たちです。

しかし、もしかしたらそれがムダ毛を増やす原因になっているかもしれません。

食べ物は体を作る、とよく言いますね。

血や筋肉といった体の基本的な部分はもちろん、髪や肌なども食べ物の影響を受けています。

ムダ毛を抑制する効果のある食べ物=女性の体の調子を整えてくれる食べ物

ぜひ抑毛効果のある食べ物を上手に取り入れてください。

そして、効果的な脱毛を目指してみてはいかがですか?

それでも、ムダ毛が薄くならない場合は、脱毛サロンに頼るという方法もあります。

特に、TBCのスーパー脱毛は、脱毛サロンでありながら、永久脱毛的な要素があります。